2015年10月2日金曜日

天秀庵によせる波 ー船奉行片山数馬ー

いんのしまみち

はじめに
船奉行片山数馬は重井天秀庵城主でもあったし、三庄百梵山城主でもあった。兼務なのだろうか。それとも移動なのだろうか。よくわからない。
天秀庵城も百梵山城も海から近く、あまり高くない丘で、なおかつ背後にかなりの山をもつ、水軍城としては理想的な立地である。
船奉行片山数馬を中心に因島村上水軍の歴史を述べるのが本書の目的である。


第1章 百梵山城跡
第3章 天秀庵城跡

















いんのしまみち