2015年8月31日月曜日

因島三庄町 大森池


2015.8.30.



2015.8.30.

2015.8.30.























因島三庄町 稲荷社

みつのしょうみち
2015.8.30. 明徳寺から長田薬師堂に向かう山側にあります。 ➡️ 長田薬師堂

2015.8.30.

2015.8.30.


2015.8.30. 上に古い鳥居のあと。










因島三庄町 千守海岸

みつのしょうみち
2015年8月30日。守海岸から椋浦方面への海遊び。

旧暦7月15日の大潮です。

16:27。水軍スカイラインの下の海岸を椋浦方面へ向かって歩きます。

16:33。小石がいっぱいあります。


因島三庄町 美可崎海岸

みつのしょうみち
2015年8月29日の海歩き
旧暦7月16日の大潮です。

15:41。美可崎城の南西、船隠しから後方へ向かって海歩きの開始です。

15:42。西側です。彼方にはかつて海水浴場として賑わった折り子の浜があります。

因島三庄町 村上丈七

みつのしょうみち

©sumihara  奥山山頂

©sumihara 田熊八幡神社


©sumihara  田熊八幡神社

2015年8月30日日曜日

因島白滝山 好善法師本 観音和讃

白滝山研究目次 白滝山リンク集 
「因島市史」p.915に紹介されている好然法師筆写本のうち観音和讃です。





観音和讃
観音大悲之夢之誥我等者不生不滅也
   観音大悲の夢の告げ、我らは不生不滅なり、
七佛之其内デ釋迦牟尼世尊ニ呼ビ出サレ 
   過去七仏のその内で、釈迦牟尼世尊に呼び出され、
衆生済度之身ト成リテ衆生之苦患引導ケリ     
   衆生済度の身と成りて、衆生の苦患を導きけり、
安楽浄土エ勧ムレド 貪欲嗔恚ガ引キ留テ
   安楽浄土へ勧むれど、貪欲嗔恚(しんい)が引き留めて、


行気ハ更二出サセヌゾ 兎角迷ハス胸之中テ
   行く気は更に出させぬぞ。兎角迷わず胸の中(うち)で
正面向キヲバ佛顔ヲ面モテ計リヲ振リ捨テ
   正面(おもて)向きをば仏顔(ほとけがお)を面(お)もてばかりを振り捨てて









➡️ 観音和讃2
白滝山研究目次 白滝山リンク集 



因島村上水軍 篠塚伊賀守

村上水軍研究目次 千守城跡

因島三庄町の千守城は大目付篠塚伊賀守の居所だったと言われる。

*****
松岡進「瀬戸内水軍史」p.256には、
笠松山城主とある。

また、p.257には
「魚島にある篠塚伊賀守墓所」の写真と、「魚島のてんてこ踊りは、篠塚伊賀守が島民に集団戦斗の訓練をした名残の踊りであるといわれる。昔は、東西二隊に別れて遭遇戦を演ずる様式であった。」と記されている。

*****
村上公一「村上海賊史」p.119には、次のようにある。
このとき、笠松山城主、篠塚伊賀守は城からのがれて、今張の浦にでて、湊の海岸にあった漁船に乗って沖の島(魚島)までのがれた。(以下、続く)

この件は、「太平記二」(岩波書店、日本古典文学大系35)p.387に出る。諸本によっては「隠岐島」「隠島」「隠ノ島」などがあり、岩波大系本では「隠ノ島」。注十九参照。





2015年8月29日土曜日

因島土生町 大山神社


はぶみち


2016.8.16.



2015.8.29.


2015.8.29.

2015.8.29.

2015.8.29.

2015.8.29.

2016.8.16.


2015.8.29.天神社。

2015.8.29.天神社の説明。



2015.8.29.

2015.8.29.

2015.8.29.

2016.8.16.

2016.8.16.見張所からの眺め。もう一段高ければ、もっと良いかも。



2015.8.29.耳明神社。

2016.8.16.


2015.8.29.鍛冶神社。

はぶみち

因島四国八十八カ所 55番南光坊(因島田熊町)

 2015.8.29.
2015.8.29.
2015.8.29.

因島四国八十八カ所 56番泰山寺(因島田熊町)

2015.8.29.

2015.8.29.

2015.8.29.




因島四国八十八カ所 57番栄福寺(因島田熊町)

2015.8.29.
2015.8.29.
2015.8.29.



因島四国八十八カ所 49番浄土寺(因島土生町)

いんのしまみち

2015.8.29.

2015.8.29.


2015.8.29.

いんのしまみち